ハワイアンキルトキット専門店 / ハワイアンキルトバックのキルト・ラナイ 

■ 横長トート

いつもと違う形のバッグも新鮮ですね♪とっても簡単なお仕立てなのですが、初心者の方にもスムーズに完成していただくために写真入りで説明したいと思います☆
写真はミシンを使用していますが、手縫いでももちろんOKです!手縫いの方は細かい本返し縫いで作業なさってくださいね。

アップリケとキルティングは切り離さず1枚のままで進めてください。


1.カットしましょう。
キルティング終了後、すべてのしつけをはずして出来上がり線でカットします。ま〜るい2枚のキルトが出来上がりました。 

※出来上がり線はぬいしろ込みです。


2.ダーツを作りましょう。
キルトライン図の位置を参考に写真のようにダーツの印を描きます。
  
ダーツの中心で中表につまんで、外側の線通りに縫います。(4ヶ所)


3.バッグ本体を仕立てましょう。
ダーツを付けた本体2枚を中表に重ねて、まち針で止めてからぬいしろ1pで縫い合わせます。
この時、ダーツは中心に倒してください。(分厚くなるのを防ぐため、袋布は逆に外側に倒してあります。)
バンブー留具を付ける場合は、本体片面の中心に仕立て済みループをまち針で止めておきます。
表側からパイピングを付けます。
始まりを1.5cmほど折ってからまち針で止めていきます。終わりは2cmほど重ねてから余分をカットしてください。たるまないように、少し引っ張りぎみにつけるときれいなパイピングが出来上がりますよ♪
ぬいしろ1pで縫います。
裏側に返して、まち針で止めてからしつけ糸などで粗く仮止めしておきます。

※しつけ糸は表側に出ないように、裏打ち布だけすくうようにしてください。袋布で隠れてしまうので、しつけ糸ははずさなくて構いません。


4.持ち手を付けましょう。
写真のように、パイピングの内側に持ち手をまち針で止めます。
表側からパイピングの線に沿ってミシンで持ち手を縫い付けます。何度か返し縫いをするとしっかり付きます。
(分厚いので、手縫いの方は気を付けて作業してくださいね。)
バンブー留具をお付けの場合は、表側に縫い付けておきましょう。
手持ちにあれば茶系の糸を使用してください。
  


5.袋布をセットしましょう。
バッグ本体と仕立て済み袋布を重ねて底のぬいしろ同士を中綴じします。

※バッグ使用時に袋布が浮いてこないように。
  
バッグの内側に袋布がくるようにひっくり返して、なじませます。袋布をバッグの高さに合わせて折り込み、パイピングより1cmほど下のところにまつり付けます。
完成!!
表裏の模様が同じ位置にくるよう縫い合わせると仕上がりが美しいですよ♪
  

底面です。表裏のダーツが同じ位置にくると、こちらもキレイです♪