ハワイアンキルトキット専門店 / ハワイアンキルトバックのキルト・ラナイ 

■ タウンバッグ

普段持ちよりちょっとだけオシャレな形。。。をテーマに作ってみましょう♪バッグ自体の仕立て方はいつものトートバッグと同じなのですが、今回は既成のレザー持ち手の付け方をご説明しますね。


1.カットしましょう。
キルティング終了後、すべてのしつけをはずして出来上がり線(縫い代込み)でカットします。


2.バッグ本体を仕立てましょう。
中表に重ねてまち針を打ち、脇と底をぬいしろ1pで縫い合わせます。
底部分を三角に折ってマチを作ります。


3.パイピングを付けましょう。。
バッグ口部分表側からパイピングを縫い付け、内側に返します。
                                まち針を打ってから、しつけ糸などで表側に出ないよう粗く縫いとめます。



4.持ち手を付けましょう。(レザー持ち手の場合)
適当な位置に持ち手を置いて、まち針で仮止めします。
                               手前より2番目の穴から針を出し、1番目の穴に針を刺します。続いて3番目の穴から針を出し、2番目の穴に針を刺します。返し縫いの要領で進めてくださいね。裏当ての皮は使用しなくても構いません。少々縫い目が乱雑でも袋布で隠れてしまうので大丈夫♪
                                


5.中綴じしましょう。
バッグ使用時に袋布が浮いてこないように底部分を中綴じします。キルト本体のマチと袋布のマチを重ねて粗く縫い合わせておきましょう。


6.完成!!
バッグの内側に袋布をなじませ、パイピングが1p程度見える位置にまつり付けます。