ハワイアンキルトキット専門店 / ハワイアンキルトバックのキルト・ラナイ 

■ スクエアポーチ
ミニボストンのようなまちの広いポーチが欲しくて作ってみました。まちを別布にするとお仕立てが複雑になるし。。。そんな時ティッシュボックスカバーを見ていて思いつきました♪キルト1枚だけなので、本当に簡単に仕上がりますよ〜。ファスナー付けも直線なので、定番のポーチより簡単かも!?(笑) 是非、チャレンジしてみてくださいね☆



1.カットしましょう。
キルティングが終わったら、しつけ糸をすべてはずして出来上がり線でカットします。 


2.ポーチ口部分にパイピングを付けましょう。
まち針で留めて、縫い代1cmで縫います。
裏にひっくり返して、しつけ糸で荒く縫い留めます。
もう片方のパイピングも同じように付けてくださいね。


3.ファスナーを付けましょう。
ポーチの中心とファスナーの中心を合わせてからまち針で留めます。その際、ファスナーの金具より少しだけ(約1mm)パイピングの方が高くなるように付けましょう。
細かい半返し縫いで留め付けます。
よく見るとファスナーの生地部分に薄い線が2本入っています。その間を縫うといいでしょう。
  
ファスナーの縫い終わりが広がらないよう留め付けておきます。


4.まちを付けましょう。
真ん中に仕立て済みループをはさんでから下まちとファスナーの付いた上まちを中表に合わせます。
まち針で留めてから、縫い代1cmで縫い合わせます。分厚いのでご注意くださいね。もう片方のまちも同じように縫い合わせてくださいね。


5.持ち手を付けましょう。(Lサイズのみ)
表に返してから、脇の中心に挟み込むように持ち手を仮止めしておきます。


6.脇(4ヶ所)を縫いましょう。
1.のキルティング本体のへこんだ部分が脇になります。4.で縫い合わせたまちと中表に合わせて、まち針で留めて縫い代1cmで縫い合わせます。同じようにして4ヶ所縫いましょう。

7.中綴じしましょう。
5.の脇の縫い代と、仕立て済み袋布の脇の縫い代を合わせて中綴じします。(ポーチ使用時に袋布が浮いてこないように。)
この作業を忘れた場合は、完成後、脇部分を星留めしても構いません。


8.まつり付けましょう。
ポーチ本体と袋布を重ねて、まち針で留めてから開口部をまつり付けます。


9.ひっくり返して、完成!