ハワイアンキルトキット専門店 / ハワイアンキルトバックのキルト・ラナイ 

■ ラウンドトート

持ち手一体型のバッグはずっと作ってみたい形でした。ただ、荷物の多い私にはキルト一枚の持ち手では少し弱いんじゃないかな〜と思いずっと躊躇しておりました。接着芯を貼るなどの案もありましたが、継ぎ目のところにベルトを縫い付けて見本を作ってみると、これがgood!!実は母のアイデアです。これで荷物をたくさん入れても、持ち手が伸びる心配も継ぎ目が裂けることもありません。付け方も簡単なので是非チャレンジなさってくださいね♪今回は袋布のお仕立てもくわしくご説明していますので、参考にしてください☆


1.キルティングが出来上がりました!


2.カットしましょう。
キルティング終了後、すべてのしつけをはずして出来上がり線(縫い代込み)でカットします。


3.袋布をカットしましょう。
ハワイアンプリントを半分に折りたたんで、出来上がり本体の大きさに合わせてカットします。 
袋布本体2枚と中央上部分のあまり布でポケットが取れました。



4.バッグ本体を仕立てましょう。
中表に重ねてまち針を打ち、脇と底をぬいしろ1pで縫い合わせます。
底部分を三角に折ってマチを作ります。
持ち手を縫い合わせます。表と表、裏と裏をそれぞれ合わせましょう。 

表面と裏面の持ち手を縫い合わせてしまうと買い物袋みたいな形になってしまうのでご注意ください。       (画像の中心は脇です。→)


5.持ち手を補強しましょう。
持ち手の継ぎ目部分ににベルトを重ねます。    

縫い目がパイピングの中に隠れるように、ベルトの両端を持ち手に沿って縫います。 


6.袋布を仕立てましょう。
ポケット用布を四角にカットします。
       
口部分を三つ折してからミシンで縫い、その他の三辺はアイロンで布端を折りたたみます。 
袋布本体の中央に縫い付けます。(口以外の三辺を端ミシン) 

キルト本体と同じように中表に重ねてから、脇と底を縫い、マチを作り、持ち手を縫い合わせます。


7.中綴じしましょう。
バッグ使用時に袋布が浮いてこないように底部分を中綴じします。キルト本体のマチと袋布のマチを重ねて粗く縫い合わせておきましょう。


8.袋布を重ねましょう。
バッグ本体の内側に袋布を重ねてなじませます。バッグ口部分、持ち手の重なりにまち針を打ちます。
8でまち針を打ったところをしつけ糸で縫い合わせるか、粗い目のミシンで縫い合わせておきます。


8.パイピングを付けましょう。
持ち手部分をパイピング処理します。パイピングの始まりを1p折ってバッグ表側からまち針で止めていきましょう。
 
ぬいしろ1pで縫い付けます。            
内側に折り返して、まち針を打ちます。             
パイピングを内側にまつり付けましょう。             


9.完成!!