ハワイアンキルトキット専門店 / ハワイアンキルトバックのキルト・ラナイ 

■ ポーチ


1.アップリケします。
モチーフと同じカラーの糸を使用し、ぬいしろ2〜3mmを折り込みながら針目3mm程度で左に向かってたてまつりします。。


2.しつけ糸をはずし、アイロンがけをして折りじわなどを取っておきます。


3.しつけがけをしよう!
上からアップリケ済み表布、キルト芯(ツヤのある方が表)、裏打ち布の順に重ね、まち針を打ってから縦、横、斜め、周囲にしつけがけをします。


4.落としキルトをします。
土台布と同じカラーの糸で、モチーフのラインに沿って外側1mmのところをキルトします。


5.モチーフの中をキルトします。
モチーフと同じカラーの糸で、葉脈などモチーフの中をキルトします。


6.エコーキルトをします。
土台布と同じカラーの糸で、モチーフの外側をできるだけ均等の巾でウェーブ状にキルトします。


7.しつけ糸をすべてはずし、ポーチの出来上がり線に沿って余分な生地と芯をカットします。


8.キルト済みのポーチ本体の周囲をパイピング処理します。
パイピングの端がちょうど底になるように付けるとまちを作ったときに隠れるのできれいに仕上がります。

表からパイピング用の生地をまち針でとめます。カーブの部分は多めにまち針を打っておきましょう。

ぬいしろ1cmでミシンで縫いつけます。(手縫いの方は本返し縫いでしてください。)




9.パイピングを裏側に折り返し、しつけ糸で粗く縫いとめます。
※しつけ糸は表側に出ないように、裏打ち布だけすくうようにしてください。袋布で隠れてしまうので、しつけ糸ははずさなくて構いません。









10.中表で半分に折り、両端を下から8cm細かく巻きかがり縫いをします。





11.底に3cmのまちを作ります。三角に折りミシンで何度か返し縫いをします。


12.ファスナーを開いた状態で付けていきます。ファスナーの中心とポーチ開口部の中心を合わせてからまち針でとめて半返し縫いで表に出ないよう縫いとめます。





13.付属の仕立て済み袋布のまちと11で作った本体のまちを合わせて中綴じします。 (ポーチ使用時に袋布が浮いてこないように)


14.袋布が表に、キルト本体が中にくるようにひっくり返し、ファスナー付けの半返し縫いのラインに合わせて袋布の端を折り込んでまち針を打ち、まつり縫いをします。


15.表にひっくり返して完成!