ハワイアンキルトキット専門店 / ハワイアンキルトバックのキルト・ラナイ 

■ 斜め掛けバッグ


久々に自分用斜め掛けバッグを作ったので、写真を撮りながら仕立てました(^^)とっても簡単ですので是非参考になさってくださいね!

キルティングが終わりました♪               


1.カットしましょう。
キルティング終了後、すべてのしつけをはずして出来上がり線でカットします。 

※出来上がり線はぬいしろ込みです。


2.バッグ本体を仕立てましょう。
中表に重ねてまち針を打ち、両脇をぬいしろ1pで縫い合わせます。

                           


底部分を三角に折ってマチを作ります。         


3.パイピングを付けましょう。
表側からパイピングを付けます。
始まりを1.5cmほど折ってからまち針で止めていきます。


                                  終わりは2cmほど重ねてから余分をカットしてください。たるまないように、バッグのカーブに沿って付けるときれいなパイピングが出来上がりますよ♪

                                  

ぬいしろ1pで表から縫います。             

                              

裏側に返して、まち針で止めてからしつけ糸などで粗く仮止めしておきます。


                             しつけ糸は表側に出ないように、裏打ち布だけすくうようにしてください。袋布で隠れてしまうので、しつけ糸ははずさなくて構いません。

脇のカーブは少し細かめに、たるんでいるところはタックを取りながら縫いましょう。

4.持ち手を付けましょう。
両脇のパイピングの内側に仕立て済み持ち手をまち針で止めます。

※持ち手は生地の横幅全てを使って仕立てたものです。ご自分の身長、好みに合わせてカットされてから縫い付けてくださいね。私は背が低いし、短めが好きなので8pほどカットしてから縫い付けました(^_^)v

表側からパイピングの線に沿ってミシンで持ち手を縫い付けます。何度か返し縫いをするとしっかり付きます。
※分厚いので、手縫いの方は気を付けて作業してくださいね


5.中綴じしましょう。
バッグ使用時に袋布が浮いてこないように底部分を中綴じします。キルト本体のマチと袋布のマチを重ねて粗く縫い合わせておきましょう。
※三角のまちが底部分に倒れるようにしてくださいね。

6.袋布をセットしましょう。
バッグの内側に袋布をなじませ、パイピングが1p程度見える位置にまつり付けます。

7.マグネットを付けましょう。
最後に、ボタン付けの要領でマグネットを縫い付けます。バンブー留具の付け方は『横長トートの作り方3.』を参考にしてくださいね。


1.完成!
ミシン好きの私はお仕立てが大好きです♪1枚のキルトがだんだんバッグの形になってくるとワクワクしますね(*^_^*)