ハワイアンキルトキット専門店 / ハワイアンキルトバックのキルト・ラナイ 

■ マザーズバッグ


1.カットしましょう。
本体2枚と底のキルティングが終わりました。全てのしつけをはずし、出来上がり線でカットしてください。
※出来上がり線はぬいしろ込みです。



2.本体を仕立てましょう。
本体2枚を中表に重ねて、両脇をぬいしろ1pで縫い合わせます。
  

左の画像を参考に底に4箇所印を付けます。


本体と底を縫い合わせます。上で印を付けたところと、本体の脇、前後ろ中心をまち針で留めましょう。
全体にもまち針を打ちます。カーブのところは多めに打っておくとずれにくいですよ♪
ぬいしろ1pでミシンで縫い合わせます。まち針を付けたまま縫うので気を付けて作業してくださいね。
バッグ口部分に表側からパイピングを付けます。
始まりを1.5cmほど折ってからまち針で止めていきます。終わりは2cmほど重ねてから余分をカットしてください。たるまないように、少し引っ張りぎみにつけるときれいなパイピングが出来上がりますよ♪

ぬいしろ1pで縫います。


裏側に返して、まち針で止めてからしつけ糸などで粗く仮止めしておきます。

※しつけ糸は表側に出ないように、裏打ち布だけすくうようにしてください。袋布で隠れてしまうので、しつけ糸ははずさなくて構いません。


3.持ち手を付けましょう。
写真のように、パイピングの内側に持ち手をまち針で止めます。



表側からパイピングの線に沿ってミシンで持ち手を縫い付けます。何度か返し縫いをするとしっかり付きます。
(分厚いので、手縫いの方は気を付けて作業してくださいね。)


4.袋布をセットしましょう。
バッグ本体と仕立て済み袋布を重ねて底のぬいしろ同士を中綴じします。

※バッグ使用時に袋布が浮いてこないように。
  
バッグの内側に袋布がくるようにひっくり返して、なじませます。袋布をバッグの高さに合わせて折り込み、パイピングより1cmほど下のところにまつり付けます。

  
完成!!
別底のバッグはちょっと難しいかな?と思われがちですが作ってみると意外と簡単に出来上がりますよ♪しっかりしたバッグに仕上がりました!