ハワイアンキルトキット専門店 / ハワイアンキルトバックのキルト・ラナイ 

■ みつあみトート

今回は三つ網持ち手の作り方を詳しくご紹介♪たくさんの写真でご説明しますね。コツが分かればとっても楽しい作業です。


1.カットしましょう。
キルティング終了後、すべてのしつけをはずして出来上がり線(縫い代込み)でカットします。


2.バッグ本体を仕立てましょう。
中表に重ねてまち針を打ち、両脇をぬいしろ1pで縫い合わせます。

底部分を三角に折ってマチを作ります。       

                                


3.パイピングを付けましょう。
パイピングの縫い始めを1.5pほど折ってからバッグ口部分表側に縫い付け、内側に返しますます。

                                

まち針を打ってから、しつけ糸などで表側に出ないよう粗く縫いとめます。


4.持ち手を作りましょう。
持ち手用の芯を6本に切り分けます。少し長めにご用意していますので、そのまま6等分してくださいね。カットする部分にセロハンテープを巻き、その中心を切ってください。

両端にテープの付いた芯が6本出来上がりました。

持ち手用の布を2つ折りして、ぬいしろ5mmで筒になるように縫い合わせます。

長めの糸をしつけ針に通し、2本取りで玉結びをします。筒にした持ち手用布の端に玉結びを止めつけます。

糸が付いたままのしつけ針をお尻から筒に入れてきます。

最後まで針が通ったら反対側の端を持ち、糸を引っ張りながら筒を表に返します。布が内側に入りやすいように最初は指で少しだけ入れてくださいね。

写真のように、ここまで布が出てきたら、あとはひっぱって簡単に出てきます♪
ひっくり返せたら糸を切って、また玉結びをしておきます。

芯の端、セロハンテープを巻いたところに糸を止めつけます。

糸が付いたままのしつけ針をお尻から筒に入れて、その延長にある芯を筒に通します。
最初に芯の端を筒に入れておくと、糸を引っ張ればスムーズに通ります。


6本出来上がりました。
筒は芯にぴったりの太さにしていますので少々通りづらいかもしれませんが、コツが分かれば楽しい作業です♪

3本を横並びにして糸で止めておきます。      

きつめの三つ網を作ります。縫い目が表に出ないように編んでいきましょう。

持ち手が2本出来上がりました!最後も出来るだけ平らに止めておきます。

今回はミシンではなく、手縫いで持ち手を付けます。表に出ないよう数箇所縫い付けてください。


5.中綴じしましょう。
バッグ使用時に袋布が浮いてこないように底部分を中綴じします。キルト本体のマチと袋布のマチを重ねて粗く縫い合わせておきましょう。



6.完成!!
バッグの内側に袋布をなじませ、パイピングが1p程度見える位置にまつり付けます。